$(function(){ var pagetop=$('#page-top'); pagetop.hide(); $(window).scroll(function(){ if($(this).scrollTop()>1000){ pagetop.fadeIn(); }else{ pagetop.fadeOut(); } }); pagetop.click(function(){ $('body,html').animate({ scrollTop: 0},1000); return false; }); });
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
無農薬栽培された、よもぎ、はぶ、柿の葉、ビワの葉をブレンドした野草ブレンド茶です。
カムイノヤ 10包
1,200円(税89円)
12 ポイント還元
購入数

MK-305
カムイノヤ 10包
1,200円(税89円)
12 ポイント還元

・名称:よもぎ特製ブレンド茶
・内容量 : 10包



無農薬栽培された、よもぎ、はぶ、柿の葉、ビワの葉をブレンドした野草ブレンド茶です。

アイヌではヨモギの事を 「カムイ・ノヤ = 神の草」 と呼びます。

  • 脂肪の分解、冷えとそれに伴う痛みの改善、妊娠中の体調管理に期待できます

  • 葉緑素量が多いので血液浄化・血流改善にも

  • 1パックあたり2Lのお茶を煮出すことができます

  • 煮だし終えたパックをお風呂に入れてヨモギ風呂にしても効果的



<ヨモギの薬効>

1.野草の中で最高の抗ガン作用がある
ヨモギには発ガン抑制因子として名高い「インターフェロン」という成分がある。
小島保彦博士(元東京大学伝染病研究所)が発見し「ウィルス抑制因子」と名付けた。小島博士はヨモギの葉緑素のある物質が「インターフェロン」を増やす働きをすることも発見。

2.活性酸素を消す働きが強い
前田浩教授(熊本大学医学部)が、200種類以上の野菜や山菜の活性酸素消去能力を調べたところ、ヨモギは、それらの中でいちばん「活性酸素」を消す働きが強かった。さらに水で抽出したヨモギの場合は、野菜の中で最高値を示した。佐丸義夫講師(東京大学医科学研究所)も、いろいろな野草、薬草をマウスに与えた結果、ヨモギを与えたマウスの寿命が長く、抗ガン効果があったと発表。活性酸素を消す働きはブロッコリーの100倍(カルシウムの制ガン効果による)

3.余分な脂肪を分解する働き(コレステロール低下作用)
細胞の代謝異常を改善するため、心臓病、動脈硬化、脳梗塞、脂肪肝などの脂肪の代謝異常からくる病気に効果大。また、細胞の代謝(新陳代謝)がよくなると、血液循環がよくなるため、体が温まり、冷えからくる痛みを伴う病気(冷え性、貧血、生理痛、腰痛、ひざの痛み、腎臓透析の痛み、偏頭痛 など)を改善する。

4.葉緑素が抜群に多く、血液浄化として働く
ヨモギは他の葉緑植物と比べて葉緑素が抜きんでており、汚れきった血をきれいにする。葉緑素は食物繊維を一緒にとると、コレステロール低下作用がさらに高まることがわかっている。浄血に加えて増血、殺菌作用や血の流れをスムーズにする働きがあり、ヨモギは「青い血液」と呼ばれる。

5.野菜不足を補いビタミンやミネラルを供給する

◆ヨモギの粉末の成分◆
・食物繊維 ホウレン草の15倍、人参の12倍
・カルシウム ホウレン草の22倍、牛乳の12倍、人参の31倍
・ビタミンA 牛乳の31倍
・カロチン 牛乳の1472倍
・酵素   13種類(他の植物2〜3種類)葉酸が特に多い
・その他  ビタミンB2、C、D、鉄、カリウム、ナトリウム

6.漢方では気血・経脈を温め、寒湿を取り、冷痛を止める働き(陽性)
浄血、補血作用 吐血、下痢、神経安定、保湿効果。アイヌでは「神の草」と呼ばれる。

7.中医学(陰陽五行説)では肝系統、心系統を養う
青い色の食物は肝・胆のう系を養うとされる。肝臓は脂肪を代謝したり、血液を配分したり、熱を生み出す。また、ダイオキシンなどの化学物質を解毒する働きをもつ。ヨモギの苦味はフラボノイド。苦味は心・小腸系を養う味。血液循環に関する病気を癒やす。

松田有利子著「ガンに打ち克つ自然食パワー」より
この商品を購入する

レビュー

お風呂気持ちいい
  • ひつじ・うさぎ
  • 30代
  • 女性
  • 2019/03/13 22:10:21
パッケージ素敵です(о´∀`о)
説明書きも丁寧で親しみを持ちました
お風呂に入れたら夫が良いね温泉みたいと言っていました
ホワイトデーギフトにしようかな
レビューを書く